日の丸屋
福井/仏壇製造販売
電話番号
お問合せ
TOP
会社概要
細川のこころ
職人と技
施工実績
販売
製造・修復
[店主細川より]
店主 細川 丈夫
店主・塗師 細川 丈夫
ひとつ、ひとつ。
古から脈々と伝わる日本の伝統文化を支え受け継いできた漆塗り。天然精製の本漆にこだわり、へらや専用の漆刷毛による昔ながらの伝統技法でプロの目に適う技術と職人の魂を後世に…。あらゆる工程を工房にて、いつでもご覧ください。
2代目・塗師 細川善弘
2代目・塗師 細川善弘

福井の日本の伝統産業として、心のよりどころとしてきたお仏壇。先人より受け継がれてきた感性や美意識といった精神性を基に、技術を継承する職人として歩んでまいります。

3代目 細川裕久
3代目 細川裕久

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

金箔押師 高嶌民典 氏
金箔押師 高嶌民典 氏

金箔一枚一枚に込められた黄金の輝きを、最大限引き出す為、気候風土に合わせて色艶を加減し、丁寧に真心を込めて押して(貼って)いきます。是非、ご来店のうえ、間近でご覧ください。

金箔押師 細川順子
金箔押師 細川順子

お仏壇には何故金箔を施すのか。金には不浄なものを寄せ付けない魔除けの意味もあります。大切な家庭の中心であるお仏壇(ご先祖様のお家)をお守りいたします

蒔絵師 山登一弘 氏
蒔絵師 山登一弘 氏

砥の粉と生漆を混ぜ合わせて作り上げる堅固な錆を盛り上げ、立体感を演出し、金・銀粉をまぶし青貝や宝石を使い、荘厳な蒔絵を描きます。

空殿師 橋詰始 氏
空殿師 橋詰始 氏

各宗派の御本山の宮殿を髣髴させる形・格好の素晴らしい迫力ある宮殿づくりに励んでおります。今、この時代に絶えてしまうであろうこの宮殿師という職を何とか後世に伝えたいと思います。現在、99%以上の宮殿が中国等で生産されているなか、価格では太刀打ちできませんが、伝統に培われた日本の職人として、実直にお仕事します。

木地師 小林定志 氏
木地師 小林定志 氏

厳選された福井県産杉材や欅・草巻などの優れた材料を使って、百年、二百年と耐久力のある仏壇の本体をつくっています。

彫刻師 岸下順一 氏
彫刻師 岸下順一 氏

寺院の大きなそして分厚い欄間彫刻から仏様まで、あらゆる道具を駆使して迫力の中にも繊細に鑿をはしらせています。

絵師 坪川 氏
絵師 坪川 氏

卓越した筆遣いをもって、天井に壁画に奥深い趣のある絵を描きます。

[ 日の丸屋(屋号)の由来 ]
[ 日の丸屋(屋号)の由来]